グローバル・ファミリーコーチNAOKOが全ての家族に贈るメッセージ

Family Journey 1.2.3

公式SNS

ご相談・お問い合わせはこちらから☆

こちらのSNSもご覧ください

↓↓↓

 

LINE@登録でプレゼント①【無料勉強会】家庭でもできるグローバル親子コミュニケーションとは?世界の教育の違いとは?AI化が進む未来は?②【親子の会話が豊かになる日本語・英語・中国語会話集】

世界最高峰の空間を「無料」で体感!エミレーツ航空A380 ファーストクラスを体験してみた

 
ファーストクラス エミレーツ
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
東京在住(アメリカ4年・中国5年)。チャイルド・コーチングやグローバル思考を通して、育児を楽しく、親子で成長するための実践法をお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちら

Hello!グローバル・ファミリーナビゲーターのNAOです☆チャイルド・コーチングやグローバル思考を通して、育児を楽しく、親子で成長するための実践法をお伝えしています。詳しくはこちらから

NAO

今回は、昨年初めて搭乗したエミレーツ航空A380 ファーストクラスの様子について、個人的にはこのように敢えて記事にするのはどうだろう??と思っていたのですが、サポートさせていただいているパパ・ママから、是非気になる中身を教えてほしい!と要望が沢山あったので、僭越ですが搭乗レポートを書きましたので、是非ご覧ください。

いつも育児で忙しいと、化粧も恰好も適当、なかなかセルフイメージを高めることが億劫になりますので、有難い経験でした。

またどのように無料で搭乗したかについても、記事の最後に記載させていただいてます!

ドバイ空港のチェックインカウンター

 

10日間のドバイでのビジネストレーニングが終了し、

UAEドバイから、東京成田空港へのフライトで搭乗しました。

ドバイ時間でAM2:40出発という深夜のフライト。

そこで前日のPM5時ぐらいに空港に行き、有名なあのラウンジで時間を過ごすことにしました。

ちなみに最大48時間前にチェックインして、思う存分ラウンジを楽しむこともできますので、お時間に余裕がある方は是非トライしてみてくださいね。

 

ドバイ空港ではECONOMY CLASSのチェックインカウンターとは別に、

FIRSTBUSINESS CLASSの人は、別の通路を通った先に、チェックインカウンターがあります。

そのまま進んで行きますと、カウンターらしい所を発見。

並んでいる人はおらず、一見人の気配がないので、若干不安になりながら進んで行くと、カウンターに1人担当の方がいらっしゃりました。良かった良かった。

そして無事チェックイン完了。席はせっかくならと、1Aを選択しました☆

動く歩道を進んで行くと税関があるので、通常通り荷物チェック。(こちらは写真は勿論撮れませんね)

ファーストクラスラウンジ

 

ドバイ国際空港にはファーストクラスラウンジが3つあります。

どのラウンジに行けばよいか迷ってしまいそうですが、最も規模が大きく豪華なのは、

ターミナル3の「コンコースAにあるファーストクラスラウンジです。

 

税関を抜けて一番近いのも、また私の実際の搭乗ゲートから近いのも「コンコースB」だったのですが、

空港内の移動電車に乗って、まず「コンコースA」に行き、その後「コンコースB」でゆっくりしました。

 

「コンコースB」も十分素敵なラウンジなので、複数ラウンジがあるということを知らないで行くと、「コンコースA」の存在を知らないで過ごしてしまう悲劇もあります。ご注意を!

コンコースA

空港内の電車に乗って、 ドバイ国際空港ターミナル3のコンコースA、出発ゲートのあるコンコースよりエスカレーターかエレベーターで一つ上の階へ上がった所にあります。

ワクワクしながら歩いていくとラウンジの入り口に到着。

ファーストクラス エミレーツ

重厚な構えのエントランス

 

重厚な構えのエントランスに、レセプションホール内の大理石が、黄金に輝いていました。受付のデスクも5つくらいあり、どこへチケットを提示して良いやら迷ってしまうほどです。

パスポートとチケットを見せると、受付の方の後ろ側に案内されます。

全体は、MAPを見てもらうとイメージが湧きやすいですが、とにかく広い!です。1周するのにノンストップで歩くだけでも、体感的に15分以上かかった気がします。。(私の歩みが遅いだけかもしれませんが)

ファーストクラス エミレーツ

レセプションを中心にして線対称にラウンジエリアが左右に分かれており、それぞれレストラン、軽食スペース、ビジネススペース、シャワールーム、リラックススペース、キッズルーム等が完備です。

こちらはラウンジの端と端にそれぞれある、直接繋がっている搭乗口近くの軽食スペースでお洒落でした☆

ファーストクラスラウンジ専用の免税店。シャンパンやウィスキー、宝石や時計など、高級品がズラリと並んでいます。ワイン専門店もありました。

時間帯のせいなのでしょうか、あまり人もおらず、どこに行っても貸し切り状態。大きなお世話だと思いますが、経営はこれで成り立つのか不安になるほどでした。

写真のようなイメージで、至る所に椅子があり、どこでも休憩可能で、思わず座ってしまいそうです。

レストランも軽食もどれも無料なので、頼み放題・食べ放題!至る所にモエシャンや大好きなBateelのデーツが置いてありました☆

ちなみに余談ですが、デーツは、 血糖値を上昇させる基準のGI値は低いし、食物繊維も豊富なので元々大好きで、この渡航ではこれでもかというほど食べ過ぎてしました。(何でも食べすぎはよくありませんね)

こんなくつろぎスペースも沢山ありました☆ずっと寝ていて飛行機乗り遅れないように気を付けたいところですね。

コンコースB

こちらは「コンコースA」とは雰囲気が異なり、アラビアンなイメージ。コンコースAと比較すると規模は小さく感じますが、私は個人的にこちらの方が好きです☆

入り口はそんなに大きくないですが、エミレーツらしいお洒落な感じです☆

レセプション通過後、すぐのスペースです。噴水があり、水の音を聞きながらリラックスできます。

コンコースAよりも人がいらっしゃり、実際に寝ている人もちらほら見かけました。

全体的にアラビアンなイメージが好きです。適度に暗くて落ち着きました。(写真を撮るのは少し苦労しました)

4つほどのメニューから好きなものを選んで無料でマッサージを受けることもできますので、是非トライしてみてください。着いたら先に予約をしておくのがベストです。(私はコンコースAに先に行った為、マッサージの予約がぎりぎりとなり、搭乗時間間近までマッサージを受けてました。。)

ちなみに、肩のマッサージをセレクトしました☆

コンコースAで、モエシャンやデーツをいただき過ぎてしまい、あまりお腹がすいてなかったので、レストランでも殆ど食べてませんが、素敵なスペースでのんびりと過ごすことができました。

(あまりに食べないので、接客の方に心配されました()勿体ないことしてごめんなさい。。)

詳細はYoutubeでもご紹介しておりますので、是非下記画像をクリックして、ご覧ください。

今回はお時間の関係上、コンコースCには行くことが出来なかったので、次回行ってみたいと思います!

ファーストクラス機内

座席

どうせならトップに座りたい!ということで、「1A」の席にしました!
機内入口でチケットを見せると2階に続く階段から席までエスコート。

席に座ってのんびりしていると、どんどんフライトアテンダントの方が来て、丁寧に様々な説明をしてくださります。(基本は英語ですが、日本人の方もいらっしゃいます)

そしてなんと!

ドンペリを勧めてくれるではありませんか。(私はあまりお酒強くないのでそろそろ味が分からなくなっているタイミングです)

有難くいただき、更にアラビックコーヒーもいただきました。大好きなのでラウンジでも何個もいただいたBateelのデーツをまたここでも食す。。一体私はこの旅で何個のデーツを食べたのか記憶がありません。

席にはドアが付いており、ボタンで開閉できます。 扉を閉めれば完全に個室! 誰にもじゃまされずに、ゆっくりとくつろげちゃうのです。

座席左には自動開閉式のドリンクバー、全面には鏡があり、特に女性には嬉しいです。大きな画面ですので、映画も楽しく見れそうです。(私は色々とやることがあり、1本も見てませんが。。) アメニティは基本ブルガリ。ベッドは全リクライニング☆

全体像はこんな感じです。ファーストクラスの席数は14席。

ちなみにこれからご紹介するシャワー室は前方の左右にあり、機内バーは、後方のビジネスクラスの席の更に後ろに位置してます。

機内食

いただいたメニューから好きなものをいくらでも頼むことができます☆ここでもデーツを食べ過ぎたことと、前日まで忙しくしていて、気づいたら12食以下の生活をしており、胃が小さくなってしまったことを後悔。。そうでなければ、全メニューいただきたかったです!

ひとまず皆さんが頼んでいるキャビアを私もトライ☆ キャビアのまわりには、温かいブリンツ(プチパンケーキっぽいもの)、ガーゼに包まれたレモン、サワークリーム、玉ねぎとゆで卵を刻んだものが付け合わせとして盛り付けられていました。 美味しい☆

またもドンペリを勧められるので、一緒にいただきました

飛行機の中でお寿司が食べれるのは嬉しいですね!味は、勿論取れたてとは比較できませんが、美味しかったです☆

女性には嬉しい、小さめのサイズのデザートセット☆

あまり沢山は食べれませんでしたが、全てミニサイズで女性には嬉しい感じでした。頼めばいくらでも食べれるので、男性も勿論、満足できると思います!

色々とお仕事をしていたら、すぐに時間は経ってしまい、朝ご飯を食べることを忘れていました。(残念!)

降りる直前に頼んだカフェラテには、エミレーツのマークが☆細かいところが嬉しいですね!

機内バー

機内2階一番後ろにある機内バーも勿論立ち寄ってきました。そんなに規模は大きくありませんが、バーテンダーの方と気さくにお話したり、そこに集まる機内客の方とコミュニケーション取ったり、長い飛行機旅のつかの間のひと時にとても良かったです。

同行者が寝てしまったけれど自分は眠れなかったり、ちょっと小腹が空いたりしたら、ここにやってくればOK! カップラーメンやサンドイッチ、チョコレートなどおいしい軽食やお酒などのドリンクがもらえます!

憧れのエミレーツのキャビンアテンダントさんの恰好になりたくて、お願いしたら持ってきていただけました!

(迷惑な客ですね。。)

天空のシャワールーム

飛行機の中にシャワー室?と不思議になると思いますが、本当にあるのです!

機内のシャワーだから相当狭いだろうと思いきや、かなり広々。シャワーが付いている飛行機はプライベートジェットでもほとんどないそうなので、ここでシャワーをしたら一生の思い出にできますね!

アメニティもしっかり揃ってます☆

ファーストクラスのイメージは掴めましたでしょうか?

 

ちなみに、ファーストクラスにはどうやって乗るの?

そう、、気になってしまいますよね。
普通に搭乗しようとすると、往復200かかります。

 

しかし今回は、旦那様のマイル術のお陰で無料で乗ることができました!
(いつも育児も仕事も頑張っている私への誕生日プレゼントということで、感謝感激雨嵐でした(古い?))

ちなみに、マイルを使った特典航空券には、お得な穴場的ルートがいくつも存在します。

JALマイル特典航空券でのエミレーツ発券は、そんなお得な穴場ルートの最たるものです。

正攻法、つまりエミレーツの会員となってフライトで貯めるのは至難の業ですが、本家の半額以下のマイルでファーストクラス往復できてしまいます。

・エミレーツ航空スカイワーズ・マイル利用
片道 136,250マイル
往復 272,500マイル

JALマイル利用
往復 135,000マイル

とてもお得過ぎてビックリ!ですよね。

そうなの?よく分からないけれど、お得なら乗ってみたい・・

想像しているよりも、意外と簡単なんです!イメージがつかない方は、是非お問い合わせくださいね

NAO

最後まで読んでいただき有難うございます!
新しく開設しましたチャイルド・コーチングオンライン講座にご興味のある方はこちらもご確認ください。オープン価格限定で今までにないぐらいお手頃にご参加いただけます!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
東京在住(アメリカ4年・中国5年)。チャイルド・コーチングやグローバル思考を通して、育児を楽しく、親子で成長するための実践法をお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Family Journey 1.2.3 , 2020 All Rights Reserved.