グローバル・ファミリーコーチNAOKOが全ての家族に贈るメッセージ

Family Journey 1.2.3

公式SNS

ご相談・お問い合わせはこちらから☆

こちらのSNSもご覧ください

↓↓↓

 

LINE@登録でプレゼント①【無料勉強会】家庭でもできるグローバル親子コミュニケーションとは?世界の教育の違いとは?AI化が進む未来は?②【親子の会話が豊かになる日本語・英語・中国語会話集】

【3分レッスン】無意識にやってしまう子供のやる気をなくすNG行動『なんで○○?と言う』編

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
東京在住(アメリカ4年・中国5年)。チャイルド・コーチングやグローバル思考を通して、育児を楽しく、親子で成長するための実践法をお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちら

Hello!グローバル・ファミリーナビゲーターのNAOです☆チャイルド・コーチングやグローバル思考を通して、育児を楽しく、親子で成長するための実践法をお伝えしています。詳しくはこちらから

NAO

 

無意識にやってしまう、子供のやる気をなくしてしまう失敗行動「なんで○○~?と言う!」について今回はお話します!

3分で読めるように簡単にまとめていますので、気楽に読み進めてみてくださいね

なんで○○~?と言ってしまうことありませんか?

 

子供が失敗してしまった時、親の思い通りに動いてくれない時、

「なんで○○~?」つい言ってしまうことありませんか?

例えば、子供が部屋の物をを片付けなくて

「なんで片付けないの?!」

たまたまコップが肘に当たってこぼれてしまって

「なんでこぼしちゃったの?!」

と言ってしまうこと、ありませんか?きっと身に覚えがあることだと思います。

 

「なんで?」と言われれば言われるほど、子供は何も言わなくなる

 

「なんで○○したの?」

という言葉は、

一見理由を聞いているようで、「あなたの○○の行動が悪い!」と責めているだけ

子供からすると尋問的に聞こえてしまい、「なんでと言われても・・」と答えようにも答えれないので、言葉を閉ざしてしまうので、良い解決には繋がりません。

親も大概の場合、無意識に使っていますので、これは気を付けた方がいいですね。

 

魔法の言葉「なにがあったの?」

 

そこで「なんで○○したの?」を、

「なにがあったの?」

という、魔法の一言に変えてあげてください。

それだけで、子供はその時の状況をしっかりと説明してくれるようになります。

何故かというと、その時何があったかの事実を聞いているだけなので、

自分が責められていない、と安心することができるからです。

子供が会話をしっかりとして、それを親が聴くという状況が作り出せれば

「自分のことを認めてくれている」と自己肯定感が高まります。

 

Thank you for reading to the end !

親が変われば子供も変わる!

子供のやる気を引き出して、世界で生きる力を育てる、

大人も子供も楽しい育児をしよう!

是非そんな素敵なFamily Journeyをしてみませんか?

興味ある方はこちらに足を運んでみてくださいね!

NAO

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
東京在住(アメリカ4年・中国5年)。チャイルド・コーチングやグローバル思考を通して、育児を楽しく、親子で成長するための実践法をお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Family Journey 1.2.3 , 2020 All Rights Reserved.