グローバル親子コミュニケーションで世界で生きる力を育てよう

Family Journey 1.2.3

公式SNS

ご相談・お問い合わせはこちらから☆

こちらのSNSもご覧ください

↓↓↓

 

期間限定無料!【グローバル親子コミュニケーション勉強会】に参加希望者はここから☆家庭でできるグローバル教育とは?世界の教育の違いは?20年後の世界の未来は?

フランス・パリ・ランキングTOPのインターナショナルスクール(École Jeannine Manuel(エコール・ジャニーヌ・マニュエル)選んだ理由・受験・入学手続き

 
この記事を書いている人 - WRITER -
フランス在住・グローバル親子コミュニケーションコーチNAOKO。世界で生きる力を育てながら、育児を楽しく、親子で成長するための実践法をお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちら

フランス・パリ・ランキングTOPのインターナショナルスクール(École Jeannine Manuel(エコール・ジャニーヌ・マニュエル)選んだ理由・受験・入学手続き

海外駐在先や現地での学校選びをどうしよう?

こんにちは、フランス在住・Family Journey1.2.3のNAOKO です!

グローバル親子コミュニケーションで、幼児期から”世界で生きる人間力”を育て、 楽しく豊かに子育てしたい家族をサポートする オンライン・子育てコーチングレッスンを行っています。※体験レッスン受付中

・2022年現在フランス(パリ)在住。アメリカ(シカゴ)4年、中国(上海)5年。日本は20年以上(受験戦争経験あり)。【Language】日本語、中国語、英語、フランス語
・早稲田大学・中国上海復旦大学(アジア6位)卒業。
・2022年時点で6歳・4歳のママ・(日本語・英語・フランス語のトリリンガル育児を実践中)

世界ウーマンコラムニストに掲載された記事
・主な人気まとめサイト
フランス・パリ・ランキングTOPのインターナショナルスクールを選んだ理由・受験・入学手続き こちら
まとめ(子連れ海外駐在・インターナショナルスクール・現地校の体験編~フランス・パリ~) こちら

海外で住む方にとって、お子さんの学校選びをどうするかは、
とても悩ましい課題だと思います。

特に海外駐在の方は、赴任辞令はある日突然来るものですので、
準備もなかなかできない状況かと思います。

我が家には渡仏時点で5歳・3歳の子がおりました。
有難いことに、海外駐在が決まった直後から、
様々な繋がりを活用させていただき、
情報収集に奔走したこと、
そして家族の軸を大切にできたことで、
フランスの学校ランキングでTOPである
とても素晴らしい学校(École Jeannine Manuel(エコール・ジャニーヌ・マニュエル)と巡り合うこともできました。

子供も現在通っていますので、今まで公に学校名は公開してきませんでしたが、
1年子供を通わせてみて、非常にセキュリティ面がしっかりしていること、
そしてフランスでは非常に有名であるにも関わらず、日本ではあまりその名前を知られていないのが残念でたまりませんので、敬意を表してここにお伝えすることにしました。

子どもにとってより良い選択肢は何だろう?
お子さんによって、その選択は異なってきますので、
普段から正しくお子さんとコミュニケーションできているかは、大きな鍵となります。

今日は私達が、学校選択をする上で大切にしたことや、
実際の学校の受験の様子などをお伝えしたいと思います。

お子様帯同での、海外駐在準備、海外生活はなかなか考えることも多く、悩んでしまいますよね。1人で悩んでいる時間ほど勿体ないものはありませんので、是非ご相談くださいね。

また、実際のフランスでの学校生活については、こちらにリンクをまとめておりますので、併せてご参考ください☆

これから渡航される方は、素敵な海外生活になることを心より祈っております。

海外駐在・バイリンガル教育

フランス・パリ・ランキングTOPのインターナショナルスクール(École Jeannine Manuel(エコール・ジャニーヌ・マニュエル)とは?

(École Jeannine Manuel(エコール・ジャニーヌ・マニュエル)とは、
フランス語と英語のバイリンガルスクールで、フランスで最も優れた高校としてlinternauteにて9年間選ばれ続けている学校です。日本の外務省のサイトには、「Ecole Active bilingue Jeannine Manuel/ エコール・アクティブ・ビラング・ジャニンヌ・マニュエル 」と記載がありますが、名前が変更されたようです。

バカロレアの取得100%は勿論のこと、スコアも20点満点中20点という高得点で、2022年ランキングでも高校がTOPを取りました。

様々な国籍の子供が在籍しております。米ハーバード、英ケンブリッジやオックスフォードなどをはじめ、多くの有名大学に進学実績があり、彼らの多くが政財界のグローバルなリーダーとして活躍中です。

Ranking/ランキングサイト
日本語のサイト
学校のWebsite

学校選びで大切にした軸

私達が学校選びで大切にしていた、家族の軸は、この3つでした。

「どんな国の人とでも、コミュニケーションができる力を親子で持つ」
「常にチャレンジできる環境を選ぶ」
「自分らしさを表現する」

今回受験した学校は、この軸にぴったり当てはまる所でした。

海外子育て・フランス子育て

出願締め切り日が早いので要注意!

出願締め切り日が早いので注意が必要です。
早い学校では入学の1年前ぐらいに既に締め切りをしてしまう学校もあります。

我が家が受けたエコール・ジャニーヌ・マニュエルは、フランスに住んでいる人は、12月31日までにオンラインで書類提出及び出願料の250ユーロを支払う必要がありました。

出願時点でフランスに住んでいない場合は、締切日は設けられていませんでしたが、結果が出るのが、3月末であり、それ以降に問い合わせをした方は満員のため受付をされないケースも多々あったと聞いていますので、お早めにご準備された方がよろしいと思います。

キャンパスが複数に分かれているので要注意!

実はこの学校はいくつかにキャンパスが分かれています。お子さんの年齢によって、ご兄弟でキャンパスが分かれる場合があります。フランスは中学生以降ぐらいでないと、完全に1人で登校することは難しいので、親もしくはベビーシッターさんの送り迎えを必要とします。
それを知らずに、住む場所を適当に決めてしまうと、大変な思いをするかもしれませんので、事前の確認が必要です。

オンライン説明会当日の様子

その当時日本に住んでいた私達にとって、有難いことにオンライン説明会を開催していただけました。説明会は、「英語」の日と「フランス語」の日が選択できます。

当日は参加者は画面に表示されず、話す方と資料のみが表示されます。説明をされていた担当者二人の女性の印象は、とてもしっかりとした話し方で、最後に行われたQ&Aタイム(質問したい方はチャットに書いて送信します。その送信内容は、参加者には公開されることはありません)への受け答えも信頼感の置ける印象を抱きました。

当日のプレゼンテーション内容の一部を抜粋します。

🍀「Teamwork」を非常に大切にしており、どのレベルの学生もチームワークを養う教育をしているとのことでした。チームでチャリティーをしながらマラソン活動を行うという面白い物もありました。
人は1人では生きていくことも仕事をすることもできない為、どこの国の人とでもチームを汲んだり、その中でリーダーシップを発揮できる能力は非常に大切だと思いますので、学校の教育方針は素晴らしいと感じました。

🍀クリティカルシンキング、問題を探求・解決していく学びを大切にしていました。
例えば一つの歴史を考えるときに、フランス科目の先生及びクラスの学生と、英語科目の先生及びクラスの学生が一緒に授業を行い、異なる側面から1つの事象を考えていく・・といった取り組みをしているそうです。日本のように、何年に何が起きて・・と暗記する勉強法とは全く違うことが分かると思います。
こうした考えを育むことは、社会の問題についてしっかりと解決したり調査する力を持つことができ、新しい仕事や機会を創り出すことに繋がる為、とても大切ですね。

🍀言語教育には力を入れており、英語とフランス語だけではなく、中国語やラテン系の語学(ドイツ語、スペイン語、イタリアン語)なども幼少期から行うとのこと。特に中国については、アジアへの架け橋として非常に重要にとらえられている印象でした。

また最も印象的だったのが、リーダーシップ教育として、マインドセット、目標設定、リスクマネジメントも幼少期からメンターについて学んでいくようです。失敗を恐れずしっかりとリーダーになる為の教育が幼少期からされるというのは、とても魅力的ですね。マインドフルネスやwellbeingを考える時間も、多く設けられているようで、私は大人になってから学んだので、なんとも贅沢な学びだと感じます。

フランス小学校1年生(CP学年)への出願(日本から)

まず当時日本で5歳だった息子が、日本にいながらオンラインで出願をしました。
出願の学年は、フランスのCP(日本の小学1年生のイメージ)です。

【流れ】
①12月:出願書類提出
②3月:息子と先生の1:1の英語オンラインテスト(Playdate)←親も傍にいること可能
③3月:両親と先生の2:1の英語オンライン面接
④3月:合格通知
※フランス語も選択ができます

フランス幼稚園年中(MS学年)への出願(フランス駐在中)

MS(Moyenne Section)とは、日本でいうところの幼稚園の年中さんのイメージです。年少さんのPetite Section(PS)はÉcole Jeannine Manuel(エコール・ジャニーヌ・マニュエル)自体が受け入れしておらず、一番小さい学年がMSです。

渡仏時点では、娘はPSだった為、渡仏後は公立のフランスの幼稚園に通い、次の学年であるMSの受験をしました。

【流れ】
①9月:出願書類提出
②11月:両親と先生の英語面接(対面)
③4月:子供のフランス語でのPlaydate(対面・複数人)←親は傍にいることはできません。
④4月:合格通知

フランスの学校・学年

私が出願や渡仏時点でとても複雑に感じたのは、学年の呼び方や対象年齢です。

入学月が日本と異なり9月からというところまでは良いのですが、
対象学年がイギリスやアメリカとも異なり、最初???という状況。

分かりやすくまとめてくださっていたサイトがこちらにありましたので、
ご参考ください。対象年齢・学年サイト

出願書類

以下、基本的には日本から行った、CPの息子の受験についてご説明していきます。

さて、オンライン説明会の内容を受け、夫婦でしっかりと相談をし、非常に共感をしたため、出願のステップに移ることにしました。

出願は全てオンライン上で提出します。基本項目(名前・誕生日・住所・現在通っている学校、出願理由)をオンラインのシステム上で入力します。

出願書類は、

・Photo(写真)
・Birth Certificate(出生証明)
こちらは母子手帳にある出生証明の写真と、自分でWordで翻訳したものを提出
・Speech Therapist report
日本のサイトで調べても、作成してくれる機関が見つからなかったので、学校にメールで問い合わせをしたところ、日本からの申請では免除して良いという回答をいただきました。
そのメールを念のためスクリーンショットを取って、提出しました。
・Letter of recommandation for the applicant(本人の推薦状)
特に決まった形式はなかったので、日本語と英語版を作成し、日本語版に園長先生からサインをいただきました。
・Letter of recommendation for the family(家族の推薦状)
こちらも特に決まった形式はなかったので、私の父親の推薦状を提出しました。

推薦状については、後のInterview(面接)で、事前に読んでいてくださったので、しっかりと書くことをおススメします。

私は以前、日本で学びたい外国人の面接・書類担当をしておりましたので、推薦状の書き方や担当者から好意を持たれるポイントについて熟知しておりました。

もし詳細を知りたい方は、ご連絡くださいね。

テストと面接

3月初旬に面接の日程調整の連絡を受けました。(結構直前ですね)
まず子供だけのテスト(Virtual Playdate)、親の面接(Parent’s Interview)がありました。

子供だけのテスト(Virtual Playdate)

時間は30分ほどです。
非常に柔らかい物腰の女性が対応してくださりました。(後に入学担当Headの方と判明)

テストを受けている際も、ちゃんと答えられた時にはとても褒めてくださり、ちょっとできないなという問題については、気にせず次に行こうと促してくださる雰囲気で、非常にリラックスして息子もテストを受けていました。

テストの内容は、

すうじ(Ex.20までの数字を英語で言えるか、書けるか、位置が分かっているか)
かたち(Ex.□や△を英語で言えるか、形が書けるか)
アルファベット(Ex.自分の名前を英語で書けるか、筆記体が書けるか)
絵(人の絵が描けるか)
ストーリー(英語の話を聴いて、問題に答えらえるかどうか)

最低限の英語力と万遍なく知識があるかどうかは見られますが、
それ以上にコミュニケーション力、明るい表情、そして最後まで集中して話を聴けているかなどを中心に見ている印象でした。

実際に私も多くのお子さんと話をしてきていますので感じますが、
コミュニケーションをすることに慣れてないと感じる子は多いです。

そして多くのご家庭の場合、親御さんがコミュニケーションを学んでこなかった方が多いです。

でも親子コミュニケーションをご家庭で行うことで
やる気を持って臨むことができたり、人の話をちゃんと聴けたり、自分の考えをしっかりと表現することができ、世界で生きる土台を育てることができます。

・・ご参考に、息子は、筆記体が書けるかどうか聞かれてはっきりと「NO」と言いましたし、絵も人には見えるけど決してうまいとは言えないレベル(笑)。□と△の描写も区別がついているのか??といった状況。すうじの問題も全部は解けませんでした。

一番得意だった、ストーリーを聴いて回答する問題では、親の私も驚くほどちゃんと理解しており、はっきりと回答していたので、先生もすごく褒めてくださっていました。

子供にとって、オンラインで集中して話をするのは、ある程度の慣れが必要だと思いますので、事前に週1回でもオンライン英会話をするなどの練習はしておくとベターだと思います。

(下記の写真を見ていただいても、決して絵の能力などの理由で合格したのではないことがお分かりになると思います。。。)

親の面接(Parent’s Interview)

親の面接も大事です。

私も以前面接担当をしていた時に大切にしていたのは、
・コミュニケーション力
・どんな人物なのか
・なぜこの学校なのか、Whyがしっかりとしているか。
この3つだけでした。

これらが兼ね備えた親御さんは、お子さんもしっかりした人物像である傾向が高かったからです。

そのため、私達夫婦も、この点だけしっかりと準備をしました。

そして今回の面接でも実際に聞かれたことは、

Who you are?(あなたはどんな人ですか?)

Why do you want your son to apply to our school?(どうして私達の学校を希望しましたか?)

この2つだけで、あとは「Any question?(質問ありますか?)」と聞かれただけで、元々30分予定されていたInterview Timeも、20分ぐらいでさらっと終わりました。

合格発表

3月26日に無事合格発表のメールをいただきました。
そのメールの中に、入学の為に必要な書類と事前に振り込む金額などが書かれていました。

Registration form A(基本情報)
– Medical form(予防接種歴等)
– Registration form B(情報公開など)
– 1 photo (passport size)
– A bank transfer of 2967 €(銀行振込か小切手)

特に難しい内容ではありませんでしたが、予防接種歴は医者のサインが必要でしたので、私は日本で予防接種を受けた病院の先生に有料でお願いしました。

(海外引越、しかも子連れだと、渡航後なかなか自由に動けない場合もあるのを見越していたので日本で用意しましたが、渡仏した後にフランスの病院でお願いすることもできます。)

グローバル親子コミュニケーションとは?勉強会への参加をしてみよう!

いかがでしたか?質問したいという方がいらっしゃったら、是非気軽にご連絡くださいね。

さて、Family Journey1.2.3では、グローバル親子コミュニケーションの勉強会も随時開催しています。

✅日本の子育てや、横並びの教育に疑問がある。
✅世界に視野を広げて子供を育てたい。海外の教育について知りたい。
✅子供に世界で必要な「考える力」「表現する力」を身につけてほしい。
✅世界・英語・語学に興味を持ってほしい。
✅溢れる子育てや習い事の情報を前に、何が正しいのかが分からなくて前に自信を持って進めない。
✅子供と愛情深く向き合いたいけれど、ついイライラしてしまう。

プラスα海外駐在者の方のこんなお悩みにも解決していきます。
✅海外駐在に向けて準備がしたい。
✅せっかくの子供にとっての海外生活を充実させたい

※下記のリンクよりお申し込みがいただけます。
大変お問い合わせが多い状況です。 1人1人心を込めてサポートいたしますので、ご興味ある方はお早めにご連絡をください。

この記事を書いている人 - WRITER -
フランス在住・グローバル親子コミュニケーションコーチNAOKO。世界で生きる力を育てながら、育児を楽しく、親子で成長するための実践法をお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

まとめ(グローバル親子コミュニケーション受講生体験談)
まとめ(子連れ海外駐在・インターナショナルスクール・現地校の体験編~フランス・パリ~)
グローバル親子コミュニケーション・アドバンス(ADVANCED)レッスンではどんなことが学べるの?
世界で働く女性の為のポータルサイト・世界ウーマンさんの専属コラムニストとしても活動しています
グローバル親子コミュニケーション・スタンダード(STANDARD)レッスンではどんなことが学べるの?
バイリンガルに育てたいならまずはグローバル親子コミュニケーションを始めてみよう!
フランス・パリ・ランキングTOPのインターナショナルスクール(École Jeannine Manuel(エコール・ジャニーヌ・マニュエル)選んだ理由・受験・入学手続き
IもYouも読めなかった小学1年生・2週間で英語の本を読めるようになった理由
海外子女教育・2022年10月号でインタビュー記事が掲載されました🌈Family Journey1.2.3
フランス小学校・【授業に集中してません】と先生からの報告→積極的に授業に参加し、みんなの前でフランス語で発表できるようになるまで
本当に学べる子連れ旅・旅育とは?ギリシャ・アテネ・世界遺産パルテノン神殿編/グローバル親子コミュニケーション

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© Family Journey 1.2.3 , 2020 All Rights Reserved.