グローバル・ファミリーコーチNAOKOが全ての家族に贈るメッセージ

Family Journey 1.2.3

公式SNS

ご相談・お問い合わせはこちらから☆

こちらのSNSもご覧ください

↓↓↓

 

LINE@登録でプレゼント①【無料勉強会】家庭でもできるグローバル親子コミュニケーションとは?世界の教育の違いとは?AI化が進む未来は?②【親子の会話が豊かになる日本語・英語・中国語会話集】

Hello everyone!Family Journey1.2.3のNAOです!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
東京在住(アメリカ4年・中国5年)。チャイルド・コーチングやグローバル思考を通して、育児を楽しく、親子で成長するための実践法をお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちら

Family Journey1.2.3のNAOKOです。 ママたちがより楽しく子育てをして輝きながら、子供の「グローバル社会で生きる自立力」を育てる場を創っています。親子の会話・習慣・異文化理解・五感といった、多角的な視点を取り入れて、ご家族が子育てを楽しんで、親子で学んで、本当に豊かに生きていくお手伝いをしています。

LINE@ご登録で「勉強会ご招待」幼児期にグローバルな「自立力」を育て親子の一生を豊かに

Our Vision/ママの人生が輝いて楽しく育児ができれば、子供も自立して輝いて生きていける。家族は豊かになる。世の中はもっとより良い方向に変わる!

過去の経歴・資格

・早稲田大学・中国上海復旦大学 両校卒業

・日経新聞グループ会社 総合職・営業(日本最大手証券会社担当)

・政府・医療関係国際イベント運営会社 総合職・運営ディレクター(数百人規模の国際会議のとりまとめ)

・学校機関 総合職・外国人留学生募集・面接・受け入れ業務(タイ・フィリピン・インドネシア・スリランカ・バングラデシュ等多数)

・フリーランス 入国管理局書類 翻訳業務(年間200名書類翻訳)

・個人事業主向けのオンラインブランディングアドバイザー業務

・個人事業主向けのモチベーション管理コーチング(年間200回のアドバイスセッション)

こちらのSNSもご覧ください

↓↓↓

 
NAOの自己紹介

ここからは少し長くなりますが、私の過去について少しお話しますね。

私は5歳・3歳の2児のママです。子供の頃は、親の仕事の関係で、アメリカや中国で幼少期から小学生の期間を過ごしていました。しかし、日本人が通う学校に行き、日本人ばかりが住む場所にいたので「帰国子女」とは名前だけで、The 日本の教育を受け、「海外のことを知らない」「狭い視野」の状況で帰国することとなりました。また自分の親は、その後離婚をするほど不仲で、家庭内のコミュニケーションはお世辞にも良いとはいえない状況でした。

そして日本でのいわゆる受験戦争を経て、日本では一応有名大学とされる大学の付属高校に進み、そのままエスカレーター式に大学に進学をしました。キャンパスにいる多くの海外からの留学生と交流する中、この狭い視野のままではいけない。せめて自分が住んでいた国のことは理解したいと思うようになり、中国の上海復旦大学のコミュニケーションを学ぶ学部に留学する決意をしました。授業は毎日プレゼンテーションや討論の嵐。言語もままならない中、特に、今まで自分がいた日本の教育の世界では、「自分で考えて、自分で表現をする機会がなかった」と痛切に感じました。

更に、それまでの自分の人生の中で、
自分が何が好きで、
自分は何が得意で、
自分はどんなことであれば社会に貢献ができるのか
そうしたことを、深く考える習慣がなかったので、
恥ずかしながら、帰国後も漠然とした状態で就職活動をしており、
自分に合った企業がなかなか見つからず、残業も多い中体調を崩したりしながら、
証券会社への営業のお仕事をしたり、政府・医療関係の国際イベントの運営をしたり、外国人留学生の募集・面接・生活管理の仕事と、「自分を探して」
転々としていました。

その後、結婚・出産を経て、1人目の子供が5か月の時に復帰することになりました。当時、パートナーは年間3か月ほど海外で仕事をしていた為、世間で言う所の、ワンオペ育児状態が多くありました。

保育園と会社との往復の毎日で、朝も夜もバタバタ。初めての育児で、右も左も分からない。とりあえず、育児本を片っ端から読んだり、ネットでおすすめの絵本やおもちゃを買ったりしてみるものの、なかなか1人では実行も継続もできません。

グローバルな世界で生きてほしいし、とりあえず英語はやらせなきゃと、自分のなけなしの給料をつぎ込んで、インターナショナル保育園に入れていた時期もありました。でも「先生に教えてもらってるから安心」という間違った考えで、仕事で忙しいを言い訳に、家ではほとんど何もせず、機械的にお世話をしているだけになってしまいました。

様々なことを親目線での思い込みから押し付け、自分の心に余裕もなく、いつもイライラしてしまい、可愛いはずの我が子なのに、終始怒ってばかり。結果、子供は情緒が不安定になってしまい、親子で負のスパイラル。

違う違う!本当は素敵な親でいたい!
親としてこのままではいけない!
この状況を何とか変えたい!

そこから、考え着く限りの様々なこと、親子や夫婦の信頼関係の育み方、子育てにおけるコーチング資格の取得、心理学、脳科学、神経学、異文化理解を研究し始めました。

世界中の方のお力もお借りしながら、パートナーと一緒に、家庭内で学び、実行し、改善を繰り返してきました。実践し続けていったところ、みるみるうちに、親も子供も変化がありました。

そこで痛切に感じたことは、子育てで一番大事なのは、おすすめの絵本をただ読み聞かすだけでも、知育のおもちゃを買い与えることでも、習い事にお金を費やすことでもない。

子供を変えるのではなく、親が変わること

親子の会話や接し方、習慣、環境を変えること

親も子供も「一緒に楽しむ」こと

が大切だと切実に分かりました。

そして特に、幼児期という一生を左右する大事な時間に、学びを得られたことに、本当に感謝しました。

また自分自身も、今までの自分の生き方ではなかなか見つからなかった「本当に自分が好きなことや得意なこと」を追求し、

自分が豊かに過ごしながら、ボーダーレスに多くの方と繋がり、多くのご家庭が変化していくことに、幸せを感じています。

私のように、遠回りをすることなく、多くのお金を無駄な所につぎ込むことなく、
子育てのゴールである「自立」に向け、
予測不可能な時代にも、強く生きていけるための「必要な力」「本質」を学び、
親子で成長して、未来を変えていきませんか?

是非一緒に「変わる」ことを楽しんで行きましょう!

↓「子育て相談会の様子」

Global Family Navigator NAO STORY①表現に苦しんだ中国留学時代!「語学」ができるだけでは何の意味もない。 自分で「考えて」「表現」する力が何よりも必要

Global Family Navigator NAO STORY③転職直後に妊娠発覚!日本の現状のしがらみを疑問に思いながらワーキングマザーの道を進む

Global Family Navigator NAO STORY④世界で生きる力を付けたいならインターナショナルに通わせるだけの考え方は間違いだと痛感。親が変わることで、子どもが変わり、将来的には日本が変わる☆

Global Family Navigator NAO STORY④世界で生きる力を付けたいならインターナショナルに通わせるだけの考え方は間違いだと痛感。親が変わることで、子どもが変わり、将来的には日本が変わる☆

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
東京在住(アメリカ4年・中国5年)。チャイルド・コーチングやグローバル思考を通して、育児を楽しく、親子で成長するための実践法をお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Family Journey 1.2.3 , 2020 All Rights Reserved.