グローバル親子コミュニケーションで世界で生きる力を育てよう

Family Journey 1.2.3

公式SNS

ご相談・お問い合わせはこちらから☆

こちらのSNSもご覧ください

↓↓↓

 

期間限定無料!【グローバル親子コミュニケーション勉強会】に参加希望者はここから☆家庭でできるグローバル教育とは?世界の教育の違いは?20年後の世界の未来は?

オンライン「体験会」に期間限定・特別無料で参加!「家庭でできるグローバル教育とは?世界の教育の違いとは?20年後の未来に備えて親として何をする?」

海外駐在・バイリンガル教育

海外駐在・バイリンガル教育

AI化により47%の仕事がなくなる?将来を生きるお子さんが本当に必要な世界で生きる力とは?

明日には何が起こるか分からない、そうした変化が激しいグローバル社会を私達は生きています。

AI化により47%の仕事がなくなると言われています。
更にコロナ禍の影響で、予想よりも早まったオンライン化により、日本にいても世界の人と仕事がいくらでもできるし、また日本に住んでいないとできないと思われていた仕事も世界の人ができる状態になってきています。

つまり、世界の高いレベルの”コミュニケーション力”が一層必要となり、日本の従来の暗記型の教育では幸せに生きていくことが難しくなると言われています。

この待ったなしで予測不可能な時代に、親子でどのように準備すればいか、イメージはできていますか?

もし”なんとなく”不安を抱えられてる方は、是非このまま読み進めてみてください。

なぜなら、日本に住んでいても、どこにいても、
これからお子さんが生きるグローバルな世界で生きるために必要な力は、
学校でも習い事でもなく、
ご家庭の中で、ママとパパの、
「グローバル親子コミュニケーション力」を高めることで、しっかりと身につけることができるからです。

脳の90%は、実は幼児期に形成されるというお話を聴かれたことはありますか?

親子でどんな会話をしたか、習慣・環境づくりをしたかで、
そこから何十年も続くお子さんの将来の、日々の意思決定や思考パターンに大きく影響してきます。

生涯の年収は、5-6歳までに決まるとも言われている研究データもあるぐらい、生まれてからの数年間の過ごし方は一生を左右するほどと言われています。だからこそ、この時期を1日1日大切に過ごすことが大事になってきます。

国際化が日本国内においても叫ばれる中、グローバル教育、国際教育とは、
「英語を学ばせる外国語教育」のことだと思われがちですが、実はそれは大きな間違い。

語学については、様々な翻訳機能が次々と生まれているように、今後益々AIが強くなっていく部分です。

もちろん、言語=文化ですので、コミュニケーションツールの1つとして学ぶことはとても大事なことです。

でも、コミュニケーションの本質母国語で学ばないで他の言語を学ぶことは、長期的に見て時間のロスになったり、本当に世界で必要な力を身につけることができません。

世界では「コミュニケーション」を学ぶのが当たり前です。

一方、今までの日本では、コミュニケーションについて学んできたことが無い方が大半で、就職活動のタイミングや、社会人になってから困る人がとても多いのです。

でもお子さんにとってたった1人しかいない、ママ・パパが
グローバル親子コミュニケーション
を学ぶことで、

今抱えている子育ての悩みを解決しながら、
大切なお子さんの個性を心から認めることができ、
世界で生きていくのに必要な力の土台を育て、
本当の意味で、豊かな子育てをすることができます。

「コミュニケーション力」は大人になってからの付け焼刃では
なかなか身に付かないものだからこそ、
今しかできない、最高のプレゼントをしてあげませんか?

こんなお悩みをお持ちの方向けのプログラムです。
✅日本の子育てや、横並びの教育に疑問がある。
✅世界に視野を広げて子供を育てたい。海外の教育について知りたい。
✅子供に世界で必要な「考える力」「表現する力」を身につけてほしい。
✅世界・英語・語学に興味を持ってほしい。
✅溢れる子育てや習い事の情報を前に、何が正しいのかが分からなくて自信を持って進めない。
✅子供と愛情深く向き合いたいけれど、ついイライラしてしまう。
✅親である自分の今後のキャリアに悩んでいる。

プラスα海外駐在者向けの特別レッスンもしています。
✅海外駐在に向けて準備がしたい。
✅後悔しない海外子育てがしたい。

上の項目の1つでも当てはまった方は、大切なお子さん、家族の未来の為に、舵を切り直す。
Family Jouney1.2.3では、そんな明るい皆さんそれぞれのFamilyJourneyを応援しています。

「オンライン勉強会」家庭でできるグローバル教育とは?世界の教育の違いとは?20年後はどうなる?

直接お会いして開催する場合は、有料で行っていた内容を、現在私がフランスに住んでいるため、オンラインで期間限定で特別無料で行っています。

✳コロナ以前のリアル勉強会の様子

普通に生活していると、なかなか聞くことのできない、海外の驚きのお話をお伝えします。

今抱えている子育てや家族関係のお悩みも一緒に考えたり、ワークも盛沢山です。

何か相談したいなという方も、まずは是非参加してみてくださいね。

◇体験会参加方法
下記リンクよりLINE@登録後、
お名前、お子さんの年齢、住んでいる場所、勉強会に参加されたい旨をお送りください。

大切な時間を共有している意識と、お互いの「感謝」の気持ちをベースにできれば幸いです。

形式:1:1オンライン (1時間) です。

時間帯
サマータイム(4月-10月頃)
日本時間12:00-13:00(平日&休日)
日本時間17:00-22:00(平日のみ)

サマータイム以外(11月から3月)
日本時間13:00-14:00(平日&休日)
日本時間18:00-23:00(平日のみ)

LINE@にご登録いただくと、今後子育てに大切な情報などを定期的にお伝えできます。
メールでのお問い合わせを希望する方は、Website内の赤いボタン「メール」よりご連絡くださいませ。

グローバル親子コミュニケーション受講生さんの実際の変化・体験談

Family Journey1.2.3グローバル親子コミュニケーションプログラム例

まとめ(グローバル親子コミュニケーション受講生体験談)

STANDARD(スタンダード):家庭の中で信頼関係を築きながら「考える力」「表現する力」「チャレンジする力」を育てる”基本”プログラム

[STANDARD PLAN:スタンダードプラン]

実施形式:1:1オーダーメイドオンラインレッスン(1時間)
実施頻度と回数:1ヶ月に1回×6か月

1M : 世界で生きていく力の土台作り3POINTとFamily VISIONの作り方
2M:  世界で取り入れられているコミュニケーションスキルとは?自己肯定感を高める仕組みとは?
3M: 世界で聞かれる Who you are?を幼児期から見つめよう。 子供の個性を正しく発見できる親の習慣とは?
4M: 世界の事業家でさえも大切にする「コミュニケーション」とは?家族の豊かな時間を創り出す親の習慣とは?
5M: 子供の気持ちに本当に寄り添うコミュニケーションとは?自分も相手も心地よいメッセージを送ろう。
6M:  子供が考える力を育てるコミュニケーションとは?子供が自分で動き出すHOW&WHY

プログラムの詳細はこちらをご覧ください。

グローバル親子コミュニケーション・スタンダード(STANDARD)レッスンではどんなことが学べるの?

ADVANCED(アドバンスド):グローバル社会とお子さんの懸け橋になり、「世界で生きる力」の土台を育てる為の”SPECIAL”プログラム


[ADVANCED PLAN:アドバンスプラン]

実施形式:1:1オーダーメイドオンラインレッスン(1時間)
実施頻度と回数:1ヶ月に1回×6か月

1M : グローバルとは何?世界や語学に興味を持つ親子コミュニケーションを学ぼう!
2M:もっと脳に届く体験を!あなたらしいFamily Journeyを作る親子コミュニケーションとは?
3M:海外の学校の教育で大切にされていることとは?リーダーシップ×チームワークの重要性とは?
4M:海外の学校の教育で大切にされていることとは?世界で必要な「新しい価値を作りだす力」とは?
5M:世界基準のプレゼンテーションや、外国人の輪の中で大切にされている「伝える」コミュニケーションとは?
6M :どんな世界でも生きていくことができる、日本人のアイデンティティの大切さとは?正しい異文化コミュニケーションが出来るようになろう。

グローバル親子コミュニケーション・アドバンス(ADVANCED)レッスンではどんなことが学べるの?

※最新の情勢に合わせて、順次アップデートしていきますので、予告なく変更する場合もございます。

対象年齢

上記に記載しました通り、脳が完成するのは6歳ぐらいですので、それ以前に親御さんが学びながら、ご家庭の中で実践を始めて土台作りをすることが一番ベストです。
ただ6歳以降のお子さんであっても、心配する必要はなく、大きな変化をすることができます。
「変わりたい!」その気持ちを持ったその瞬間に、是非一歩足を踏み出してみてください🌈

グローバル親子コミュニケーション

Family Jouney1.2.3グローバル親子コミュニケーションプログラムで実現すること

Family Jouney1.2.3のプログラムでは、こうしたことが実現できます。

〇日本ではなかなか知ることのできない世界の状況・教育の違いを理解しながら、家庭の環境をどのように整えたら良いかを実践することができる。
〇世界の大企業で取り入れられている”コミュニケーションスキル”である、「コーチング」を学び、親子のコミュニケーションを改善することができる。
〇子供と向き合って信頼関係を築けながら、楽しく自信を持って子育てができる
子供の自信ややる気を引き出し、「考える力・表現力」を高めることができる。
世界基準の人生の豊かさを知ることができる
自分自身のキャリアの方向性を見つけることができる。
失敗しない海外駐在・子育てができる。

親が子どもとどんな関わり方ができれば、 信頼関係も築けたり、子供の考える力や表現する力を引き出したり、やる気を持たせたり、本音を引き出したり、その子の個性を認めてあげることができるかをテーマに、ママ・パパがコミュニケーションを学びます。

グローバルに幅広い価値観を持ち、固定概念を無くして楽しく子育てができたり、
五感や脳へのアプローチを意識しながら、より深く考えたり、本物に没頭する体験の大切さを学びます。

これらを実行する為には、習慣や環境の見直しをすることで、まずママ・パパが、子どもの心に届く言葉を自然と発するこ とができる状態になるためのお手伝いを行います。

子育ての悩みを解決しながら、家族の豊かさを目指します。

Global Family Coach NAOKO 略歴

改めまして、Family Journey1.2.3代表、グローバル・ファミリーコーチのNAOKOです。

現在はフランス(パリ)在住。日本語・英語・フランス語のトリリンガル育児を実践中です。

外国歴は、アメリカ(シカゴ)4年、中国(上海)5年。日本は20年以上(受験戦争経験あり)。早稲田大学・中国上海復旦大学卒業。

グローバル親子コミュニケーションで、”世界で生きる人間力”を育て、 楽しく豊かに子育てしたい家族をサポートする オンライン・子育てコーチングレッスンを行っています。

💎6歳・4歳の母(日本語・英語・フランス語トリリンガル育児実践)
💎子育てに特化したコーチング知識と実践経験。
💎個人事業主向けモチベーションコーチング(年間200回)
💎各種外国とのコミュニーション経験(政府・医療国際会議運営ディレクター・外国留学生募集面接担当等)
💎外国留学生の入国管理局提出書類専門の翻訳業務(のべ200名以上の書類経験)
💎早稲田大学・中国復旦大学卒業。

Family Journey1.2.3 NAOKO English version

NAOKOの挫折STORYとグロバール親子コミュニケーションとの出会い


なぜ私がグロバール親子コミュニケーションをプログラムとして一から構築し、我が家で実践をし、更に多くのご家庭に届けようとパッションを持っているのでしょうか?

それは、今まで私自身が家庭のコミュニケーションに苦しみ、挫折、失敗を繰り返してきたからこそ、他のご家族には同じ失敗を繰り返してほしくない!と強く願っているからです。

では、どんな挫折や失敗をしてきたか・・MY STORYをお届けしたいと思います。

私はフランスに住んでいる、6歳・4歳の2児のママです。

子供の頃は、親の仕事の関係で、アメリカや中国で幼少期から小学生の期間を過ごしていました。

しかし、日本人が通う学校に行き、日本人ばかりが住む場所にいたので「帰国子女」とは名前だけでした。The 日本の教育を受け、「海外のことを知らない」「狭い視野」の状況で帰国。

自分の親は、離婚をするほど不仲で、家庭内のコミュニケーションはお世辞にも良いとはいえない状況でした。

そして日本でのいわゆる受験戦争を経て、日本では一応有名大学とされる大学の付属高校に進み、そのままエスカレータ式に大学に進学をしました。

あまり大きな声では言えませんが、大学は社会人になる前の「遊ぶ場所」だと認識しており、授業は全然真面目に受けておりませんでした。

また父親の仕事の影響もあり、「資格」を持つことが大事だとなんとなく先入観を持っており、人生の目的もないまま、資格の勉強をしていましたが、全然身が入っていませんでした。

それまで帰国子女であるにも関わらず、「海外」にほとんど興味を持っていなかった私。
キャンパスにいる多くの留学生と偶然にも交流した中、彼らは自国にも日本にも深い理解を持っており、自分の理解の浅さに恥ずかしくなりました。

「この狭い視野のままではいけない。せめて自分が住んでいた国のことは理解したい」と思うようになり、より記憶のあった中国を選択。

まずは中国語を必死に勉強をし、一度の短期留学を経た後、中国の上海復旦大学のコミュニケーション学部に1年間留学しました。

しかしここで大きな挫折を味わいます。

授業は毎日プレゼンテーションや討論の嵐。中国語は勉強したけれど歯が立たない!
今まで自分がいた「日本の教育」では、「自分で考えて、自分で表現をする機会がなかった」と痛切に感じました。なんとか中国人の友達の助けを借りて、プレゼンテーションやテストは乗り切り、卒業学位はいただけたものの、本当にギリギリな状況。

更に、帰国後の就職活動で挫折を味わうことになります。

私は学生時代、親との会話でよく覚えているのは、父母のお互いの愚痴を聞くこと。
その影響もあってか、親に自分自身のことを話すのが苦手。
転勤・引越が多かったので、初対面の人と卒なく接することは得意で、浅く広い交友関係は持っていましたが、深い付き合いは面倒だと思っていた部分がありました。

そのため、

自分が何が好きで、
自分は何が得意で、
人とどんな付き合いがしたいか
社会にどんな貢献ができるのか

深く考える習慣がありませんでした。

恥ずかしながら、帰国後も漠然とした状態で就職活動をしており、
自分に合った企業がなかなか見つかりませんでした。
氷河期だったこともあり、50社以上受けましたが、
結局最終面接で合格をいただけたのは1社のみ。。

合格した1社で、まず国際情報のシステム営業のお仕事をしました。
その後、仕事政府・医療関係の国際イベントの運営をしたり、外国人留学生の募集・面接・生活管理の仕事と、
「自分を探して」転々としていました。

こんな私を必要としてくれた人と運よく出会うことができ、結婚(感謝)

出産を経て、1人目の子供が5か月の時に復帰することになりました。当時、パートナーは年間3か月ほど海外で仕事をしていた為、世間で言う所の、ワンオペ育児状態が多くありました。

保育園と会社との往復の毎日で、朝も夜もバタバタ。初めての育児で、右も左も分からない。とりあえず、育児本を片っ端から読んだり、ネットでおすすめの絵本やおもちゃを買ったりしてみるものの、なかなか1人では実行も継続もできません。

グローバルな世界で生きてほしい!とりあえず英語はやらせなきゃ!と、
自分のなけなしの給料をつぎ込んで、インターナショナル保育園に入れていた時期もありました。

でも「先生に教えてもらってるから安心」という間違った考え&仕事で忙しいを言い訳に、家ではほとんど何もせず、機械的に子供のお世話をしているだけになってしまいました。

様々なことを親目線での思い込みから押し付け、自分の心に余裕もなく、いつもイライラしてしまい、可愛いはずの我が子なのに、毎日一日中怒ってばかり。結果、子供は情緒が不安定になってしまい、親子で負のスパイラル。

違う違う!本当は素敵な親でいたい!
親としてこのままではいけない!
この状況を何とか変えたい!

と強く思うようになり、そこから、考え着く限りの様々なこと、親子や夫婦の信頼関係の育み方、子育てにおけるコーチング資格の取得、心理学、脳科学、神経学、異文化理解を研究し始めました。

世界中の方のお力もお借りしながら、パートナーと一緒に、家庭内で学び、実行し、改善を繰り返してきました。実践し続けていったところ、みるみるうちに、親も子供も変化がありました。

そこで痛切に感じたことは、子育てで一番大事なのは、おすすめの絵本をただ読み聞かすだけでも、知育のおもちゃを買い与えることでも、習い事にお金を費やすことでもない。

子供を変えるのではなく、親が変わること

親子の会話や接し方、習慣、環境を変えること

親も子供も「一緒に楽しむ」こと

が大切だと切実に分かりました。

そして特に、幼児期という一生を左右する大事な時に間に合う形で
学びを得られたことに、本当に感謝しました。

また自分自身も、今までの自分の生き方ではなかなか見つからなかった「本当に自分が好きなことや目指したい姿」を追求し、

自分が豊かに過ごしながら、ボーダーレスに多くの方と繋がり、多くのご家庭が変化していくことに、幸せを感じています。

私のように、遠回りをすることなく、多くのお金を無駄な所につぎ込むことなく、
子育てのゴールである「自立」に向け、
予測不可能な時代にも、強く生きていけるための「必要な力」「本質」を学び、
親子で成長して、未来を変えていきませんか?

是非一緒に「変わる」ことを楽しんで行きましょう!

更に私のStoryを読んでみたいなと思われた方向けに、4話構成でお届けします↓↓

Global Family Navigator NAOKO STORY①表現に苦しんだ中国留学時代!「語学」ができるだけでは何の意味もない。 自分で「考えて」「表現」する力が何よりも必要

https://www.youtube.com/watch?v=6ReVTd0UEHA

Copyright© Family Journey 1.2.3 , 2020 All Rights Reserved.