グローバル親子コミュニケーションで世界で生きる力を育てよう

Family Journey 1.2.3

公式SNS

ご相談・お問い合わせはこちらから☆

こちらのSNSもご覧ください

↓↓↓

 

期間限定無料!【フランスと繋がるグローバル親子コミュニケーション勉強会】に参加できます☆1日10分から!家庭でできるグローバル教育とは?世界の教育の違いは?20年後の世界の未来は?参加希望の方はこのボタンをクリックして詳細を確認!

アルプス3大名峰!一度は行ってみたいマッターホルン・ユングフラウ・モンブランを子供と一緒にどうやって堪能する?(旅育・6歳&4歳)

 
アルプス三大名峰・マッターホルン・子連れ旅行
この記事を書いている人 - WRITER -
フランス在住・グローバル親子コミュニケーションコーチNAOKO。世界で生きる力を育てながら、育児を楽しく、親子で成長するための実践法をお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちら

アルプス3大名峰!一度は行ってみたいマッターホルン・ユングフラウ・モンブランを子供と一緒にどうやって堪能する?

こんにちは!Family Journey1.2.3代表・グローバル親子コミュニケーションコーチのNAOKOです。

アルプス3大名峰と言えば、マッターホルン・ユングフラウ・モンブランですね。

どれも4000m級の山々ですので、なかなかお子さんと一緒に行くのが難しいかな?と思われる方もいるかもしれませんが、実は気軽に親子で楽しめる場所が沢山あります。

実際、6歳の息子、4歳の娘と共に、パリから車に乗って、アルプス三大名峰を堪能することができました。今回はめいっぱいご紹介します!

マッターホルン・子連れ旅行

モンブラン/Mont Blan(4,809m)

モンブランを望むならエギーユ・デュ・ミディ展望台がおススメ

モンブラン・子連れ旅行

モンブランは、フランスとイタリアの国境に位置する、ヨーロッパアルプスの最高峰の山です。

そんなモンブラン山群を望むには、標高3,842mのエギーユ・デュ・ミディ/Aiguille du midi展望台がおススメ。

まず、標高1,035mに位置する麓の街シャモニーから、標高2,317m中間駅のプラン・ド・レギュイユPlan de l’Aiguilleを経由し、ロープウェイで20分ほどで到着します。

4,000m近い山に、ほとんど歩くことなく、こんな短時間で登頂できるのは驚きでした。

※注意
短時間で気圧が大きく変化する為、小さいお子さんには注意が必要です。
当時5歳だった息子はロープウェイに乗ることができましたが、3歳だった娘は控えた方が良いと言われ、私と一緒に中間駅で待つ必要がありました。

アルプス三大名峰・モンブラン・子連れ旅行
展望台では夏に触れる雪に大興奮!!
大人は気圧の変化への対応が大変でしたが、子供はお構いなしではしゃいでいました。

子供とも一緒に楽しめる夏のハイキング

アルプス三大名峰・モンブラン・子連れ旅行
アルプス三大名峰・モンブラン・子連れ旅行

私達は夏に訪れた為、ハイキングも楽しむことができました。

標高2,317m中間駅のプラン・ド・レギュイユPlan de l’Aiguilleから、子供達と共に歩いて4~5時間ほどで、メールドグラス氷河/Mer de Glaceにロープウェイで降りれる駅に到着します。ゆるやかな場所が多いので、当時3歳の娘と共にも、氷河と美しい緑を一緒に楽しみながら歩くことができました。

子供も大興奮な氷の洞窟

子供も大興奮だった氷の洞窟へ。ロープウェイで降りた駅から、更に入口までの階段が結構急で長いので、少々覚悟が必要です。
アルプス三大名峰・モンブラン・子連れ旅行
規模は大きくないものの、子供たちは、氷でできた椅子に座ったり、道を滑ったり楽しんでました。

実はここの氷河は、環境の変化で年々少なくなってしまっているとのこと。環境問題を子供と一緒に考える良い機会ともなりました。

アルプス三大名峰・モンブラン・子連れ旅行 アルプス三大名峰・モンブラン・子連れ旅行

マッターホルン/Matterhorn(4,478m) 

マッターホルンを望むならゴルナーグラード展望台がおススメ

アルプス三大名峰・マッターホルン・子連れ旅行

誰もが知っているアルプス山脈で最も有名な山で、スイスを象徴するシンボルとして多くの人に知られていますね。

ピラミッドのような美しい形は、世界で最も写真に撮影されている山とも言われております。

さて、マッターホルンを望む為には、まず麓の街のツェルマット/Zermattに行く必要があります。

※こちらは車で入れない小さい村ですので、手前約6 kmの町テッシュ(Täsch)から電車で行く必要があります。

マッターホルンを臨む一番人気の展望台は、標高3135mのゴルナーグラード/Gornergratの展望台です。

ツェルマット駅前からゴルナーグラード鉄道に乗り45分。実際には45分も乗っていたようには全く感じず、子供達もずっとマッターホルンを眺めたり、美しい姿を写真に収めようと楽しむことができました。

マッターホルン・子連れ旅行

いよいよゴルナーグラード駅に到着。展望台までは、歩いて15分ほどです。

展望台からは正に360度パノラマ!の景色が一望できます。

よくある展望台の高い柵も無い為、子供目線からも綺麗な山の景色を楽しむことができます。

アルプス三大名峰・マッターホルン・子連れ旅行

展望台のベンチからジャンプすると、まるでマッターホルンをキックしているみたい!?好きなポーズで写真を撮ると、後からも楽しめて面白いです。

アルプス三大名峰・マッターホルン・子連れ旅行

ユングフラウ/Jungfrau(4,158 m)

ユングフラウを望むなら、ヨーロッパ最高地点の鉄道駅ユングフラウヨッホがおススメ

ユングフラウは同じ山地の他の2つの高峰であるアイガー・メンヒとともに、オーバーラント三山と呼ばれています。

麓の町のWilderswill駅から電車に乗りGrandelwaldで降車、ロープウェイ「アイガー・エクスプレス」でGrandelwaldからEigerglecher降車、最後に再度電車でヨーロッパ最高地点の鉄道駅ユングフラウヨッホ/Jungfraujochへと行きました。

トップ・オブ・ヨーロッパ

ユングフラウヨッホ駅に隣接してつくられた複合施設「トップ・オブ・ヨーロッパ」には、標高3571mから眼前に広がるアレッチ氷河の眺望を楽しむことができる「スフィンクス展望台Sphinx Terrace」

アルプス三大名峰・ユングフラウ・子連れ旅行

地下20mのところに下りて、神秘的な氷河内に作られた氷の宮殿「アイスパレスIce Palace」

アルプス三大名峰・ユングフラウ・子連れ旅行

スイスの大人気のチョコレート・リンツが楽しめる「チョコレートヘブン」
ユングフラウ・子連れ旅行

万年雪が楽しめるスノーパラダイス「プラトー展望台」

アルプス三大名峰・ユングフラウ・子連れ旅行

などがあり、子供もとても楽しめます。

麓の村も全て美しい!ラウターブルネン/Lauterbrunnen・インターラーケン

上から滝の雫がそこかしらと落ちてくる、物語のような村である、ラウターブルネン/Lauterbrunnenは、時間も忘れてずっと滞在していたくなる場所です。

素敵な雰囲気の中で食べるチーズフォンデュは格別です!インターラーケン・子連れ旅行

今回私達が滞在した、ブリエンツ湖とトゥーン湖の間の町、インターラーケン/Interlakenも自然が美しく、車で走っているだけでとても気持ちの良い場所です。

親子で楽しめるアドベンチャーワールド(Seil Park)や、と聖ベアトゥス鍾乳洞(St. Beatus-Holen)もあり、天気がいまいちの時でも楽しむことができます。

インターラーケン・子連れ旅行

皆さんいかがでしたか?どこも自然が美しく、家族で五感を育てる場所が沢山ありますので、是非皆さんも訪れてみてくださいね。

グローバル親子コミュニケーションとは?体験会への参加をしてみよう!

グローバル親子コミュニケーションコーチのNAOKOです。

グローバル親子コミュニケーションで、”世界で生きる人間力”を育て、 楽しく豊かに子育てしたい家族をサポートする オンライン・子育てコーチングレッスンを行っています。

・外国歴は、アメリカ(シカゴ)4年、中国(上海)5年。日本は20年以上(受験戦争経験あり)。
・早稲田大学・中国上海復旦大学卒業。
・2022年時点、6歳・4歳の日本語・英語・フランス語のトリリンガル育児を実践中です。

✅日本の子育てや、横並びの教育に疑問がある。
✅世界に視野を広げて子供を育てたい。海外の教育について知りたい。
✅子供に世界で必要な「考える力」「表現する力」を身につけてほしい。
✅世界・英語・語学に興味を持ってほしい。
✅溢れる子育てや習い事の情報を前に、何が正しいのかが分からなくて前に自信を持って進めない。
✅子供と愛情深く向き合いたいけれど、ついイライラしてしまう。
✅海外駐在に向けて準備がしたい。

家庭でもできるグローバル教育とは?AIが進むとどうなる?世界の教育の違いとは?親として準備できることは? 詳しく知りたい方は、グロバール親子コミュニケーション体験会も行っていますので、是非ご参加ください。

※大変お問い合わせが多い状況です。 1人1人心を込めてサポートいたしますので、ご興味ある方はお早めにご連絡をください。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
フランス在住・グローバル親子コミュニケーションコーチNAOKO。世界で生きる力を育てながら、育児を楽しく、親子で成長するための実践法をお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Family Journey 1.2.3 , 2022 All Rights Reserved.