グローバル親子コミュニケーションで世界で生きる力を育てよう

Family Journey 1.2.3

公式SNS

ご相談・お問い合わせはこちらから☆

こちらのSNSもご覧ください

↓↓↓

 

期間限定無料!【グローバル親子コミュニケーション勉強会】に参加希望者はここから☆家庭でできるグローバル教育とは?世界の教育の違いは?20年後の世界の未来は?

【子連れ旅・旅育】地中海・エーゲ海クルーズの楽しみ方

 
Royal Caribbean
この記事を書いている人 - WRITER -
フランス在住・グローバル親子コミュニケーションコーチNAOKO。世界で生きる力を育てながら、育児を楽しく、親子で成長するための実践法をお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちら

【子連れ旅】地中海・エーゲ海クルーズの楽しみ方

Royal Caribbean

こんにちは、フランス在住・Family Journey1.2.3のNAOKO です!

グローバル親子コミュニケーションで、幼児期から”世界で生きる人間力”を育て、 楽しく豊かに子育てしたい家族をサポートする オンライン・子育てコーチングレッスンを行っています。※体験レッスン受付中

・2022年現在フランス(パリ)在住。アメリカ(シカゴ)4年、中国(上海)5年。日本は20年以上(受験戦争経験あり)。【Language】日本語、中国語、英語、フランス語
・早稲田大学・中国上海復旦大学(アジア6位)卒業。
・2022年時点で6歳・4歳のママ・(日本語・英語・フランス語のトリリンガル育児を実践中)

世界ウーマンコラムニストに掲載された記事
・主な人気まとめサイト
フランス・パリ・ランキングTOPのインターナショナルスクールを選んだ理由・受験・入学手続き こちら
まとめ(子連れ海外駐在・インターナショナルスクール・現地校の体験編~フランス・パリ~) こちら

さて今回は、フランスから少し出て、地中海・エーゲ海クルーズでロイヤル・カリビアン(Royal caribbean)に、子供と一緒に乗船をしてきました。

クルーズというと、どうしてもコロナというイメージが先行しているかもしれません。

でも、実際に乗船をしてみると、その楽しいエンターテインメントやホスピタリティが素晴らしく、何度でもリピートしたいという気持ちになりましたので、今回はその楽しみ方についてお伝えしたいと思います。

今回の旅程

地中海・エーゲ海クルーズ日程

私達の旅程は、イタリアのローマから出発して、地中海・エーゲ海(アマルフィ・シチリア島・サントリーニ島・ミコノス島など)を8日かけて周遊して、ギリシャのアテネで降りるものでした。

ちなみにロイヤル・カリビアンの中にも、様々なクルーズ船のタイプがあり、私達が乗船したのは、Rhapsody of the Seasというタイプです。

乗船前・乗船後の注意点について、こちらのページも併せてご参考ください。

【子連れ旅・旅育】地中海・エーゲ海クルーズ・乗船前に気を付けるべきことは?

子連れで楽しめるポイントとは?

さて、お子さん連れのご家族が恐らく心配になるのは、

子供が退屈になったらどうしよう?
子供が酔ってしまったらどうしよう?
子供が騒いだらどうしよう?
大人も羽を伸ばしたい・・
コロナ禍だから心配・・

というお悩みが多いのではと思います。もし他のお悩みがあれば、教えてくださいね。

それでは上記お悩みについて回答していきたいと思います。

子供が退屈になったらどうしよう?

Royal Caribbean ロイヤルカリビアン

実は、クルーズの旅程の中には、港に降りずにクルーズ内で過ごす日が1日のもの、2日のもの、それ以上のものとあります。

我が家も乗船前は、
ずっとクルーズの中にいたら、退屈するかもしれないよね。
色んな観光地で沢山時間を過ごしたい!

と、1日のものを選択したのですが、結果は、2日でも良かったかもしれないと思うほど。。

そのため、退屈するのではという心配は不要!むしろ大人も退屈することなく楽しめます。

クルーズに乗ってまず感じたことは、「船の中だと全然感じない」でした。

クルーズ船の屋上にあるプールでは、楽しく泳ぐ子供達、お酒を片手に場外の映画をみながらのんびりと過ごしたり、日焼けを楽しんだりする大人達。

みんな思い思いにお洒落なバーの時間を楽しんだり、ミュージカルやマジックショー、ダンスレッスンなどの毎日変わる様々なイベントに参加をしたり。大人だけが楽しめるカジノもあります。

レストランも充実しており、ビッフェスタイルのカジュアルなタイプと、時間指定のちょっとおしゃれなタイプの両方を無料で食べることができ、気分によって選択をすることができます。

特に息子が毎日チャレンジするほどお気に入りだったのが、ロッククライミング!
なかなか上まで行くのが難しく、悔し涙を流すほど、はまっていました。

ちょっとお洒落をして、大人に混じってショーが始まるのを待っているところ。
普段なら難しい20時からという時間も、すぐに部屋に帰って寝れるからいいかと思えるのが楽ちんです。

船のセントラルにある空間では、いつも何かしらの生の音楽演奏がありました。
娘はお気に入りでずっと聴きたがっていました。

お料理も気分によって、自由に選択!カジュアルにビッフェスタイルでもいいし、ちょっとお洒落なレストランタイプでも☆そのほかに、いつでも食べれるカフェもあり、ご飯に困ることはありませんでした。

子供が酔ってしまったらどうしよう?

実は私が一番心配だったのはこれ。特に息子が車に乗ると15分ぐらいでいつも気持ち悪いと言い出すので、酔い止めは普段必須アイテムですし、普段の移動手段にも結構頭を使います。

でも、「船の中だと全然感じない」ほど揺れを感じませんでした。

車酔いに苦しむうちの息子も、船の中では全く揺れを感じることなく、酔い止めを一度も飲むことなく、いつでも入れるプールを満喫したり、無料でいつでも自分で作って食べれるソフトクリームを片手にとても楽しんでました。

Royal Caribbean ロイヤルカリビアン

子供が騒いだらどうしよう?

お子さん連れだと、騒いだらどうしようかな?というお悩みもあるかと思います。

実際の、お客さんの客層は様々で、私達のような子供連れから、ティーンエイジャー、ご高齢の方まで。国は、ヨーロッパ圏やアメリカからの方が多く、アナウンスは基本は英語+スペイン語でした。

結果的に、スタッフの方は本当にフレンドリーで、歌いながら話しかけてくれる人もいましたし、お客さんも子供連れが多いので、少し騒いでいてもあまり気になりません。また、各場所で結構ハイテンションなイベントが行われているので、騒いでいても聞こえないことも多々ありました。

静かでお洒落なバーや、ショーを観る時は、ある程度静かであることを求められますが、もし泣いてしまっても、皆さん優しい目で見守ってくださるので、そんなに心配をすることはありません。

ちなみに、毎日部屋に帰ると、部屋を清掃してくださるスタッフさんが、タオルで動物を作ってくれていて、子供たちはいつも楽しみにしていました。かわいい💛

大人も羽を伸ばしたい・・

せっかく旅行をするなら、子供が楽しむのも勿論ですが、親だって羽を伸ばしたいですよね。

我が家は子供たちが寝静まったら、ちょっと部屋を抜け出して楽しんでました♪もちろん、時々様子は見に帰りますが、こんなことができるのも、クルーズならでは。朝は日の出が見れたり、デッキを走ったり、スポーツジムで汗を流すこともできます。夜もかなり遅くまでイベントがやっていたり、バーが開いていますので、大人な時間を楽しむことも☆
子供が出来る前の自分に戻れて、とても楽しかったです。

(ある程度深く寝る年齢になったらをおススメします。)

海原の日の出は本当に格別!最高の時間でした。

海を見ながら走る時間も気持ちよかったです!

Royal Caribbean ロイヤルカリビアン

プールサイドでラテンダンスレッスン!

Royal Caribbean ロイヤルカリビアン

コロナ禍だけど大丈夫?!

こちらについては、もちろん病気のことなので、絶対大丈夫とは言えませんが、

2022年7月に乗船した時点では、
ワクチン接種者は乗船前2日以内、ワクチン未接種者は乗船前1日以内にPCRか抗原検査を実施して、陰性証明書を提出する必要がありますので、ある程度のスクリーニングはできていると思います。

もちろん、寄港地では沢山の観光客と接するので、途中で感染をする可能性はありますので、本当に本当に心配な方は止めた方がいいかもしれませんが、今の世の中どこにいても感染する可能性はありますので、あまり過度な心配はしない方がいいのではというのが個人的な見解です。

ちなみに、私達がクルーズを予約した会社からは下記の通り説明がありました。

もし乗船直前にコロナに感染したことが分かった場合は、全額をクルーズ乗船ポイントに変換して別のクルーズに乗ることができる、もしくは全額返金(船会社が判断)。
もし乗船中にコロナに感染したことが分かった場合は、途中からの旅程分を乗船ポイントに変換・もしくは全額返金(船会社が判断)。

状況によって変わる場合もあると思いますので、乗る前に確認くださいね☆

それでは、もしこれから乗られるかたは、良い船旅を♪ Bon voyage!

グローバル親子コミュニケーションとは?勉強会への参加をしてみよう!

いかがでしたか?もしこれからクルーズ旅行きたい!質問したいという方がいらっしゃったら、是非気軽にご連絡くださいね。

さて、Family Journey1.2.3では、グローバル親子コミュニケーションの勉強会も随時開催しています。

✅日本の子育てや、横並びの教育に疑問がある。
✅世界に視野を広げて子供を育てたい。海外の教育について知りたい。
✅子供に世界で必要な「考える力」「表現する力」を身につけてほしい。
✅世界・英語・語学に興味を持ってほしい。
✅溢れる子育てや習い事の情報を前に、何が正しいのかが分からなくて前に自信を持って進めない。
✅子供と愛情深く向き合いたいけれど、ついイライラしてしまう。

プラスα海外駐在者の方のこんなお悩みにも解決していきます。
✅海外駐在に向けて準備がしたい。
✅せっかくの子供にとっての海外生活を充実させたい

※下記のリンクよりお申し込みがいただけます。
大変お問い合わせが多い状況です。 1人1人心を込めてサポートいたしますので、ご興味ある方はお早めにご連絡をください。

この記事を書いている人 - WRITER -
フランス在住・グローバル親子コミュニケーションコーチNAOKO。世界で生きる力を育てながら、育児を楽しく、親子で成長するための実践法をお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

まとめ(グローバル親子コミュニケーション受講生体験談)
まとめ(子連れ海外駐在・インターナショナルスクール・現地校の体験編~フランス・パリ~)
グローバル親子コミュニケーション・アドバンス(ADVANCED)レッスンではどんなことが学べるの?
世界で働く女性の為のポータルサイト・世界ウーマンさんの専属コラムニストとしても活動しています
グローバル親子コミュニケーション・スタンダード(STANDARD)レッスンではどんなことが学べるの?
バイリンガルに育てたいならまずはグローバル親子コミュニケーションを始めてみよう!
フランス・パリ・ランキングTOPのインターナショナルスクール(École Jeannine Manuel(エコール・ジャニーヌ・マニュエル)選んだ理由・受験・入学手続き
IもYouも読めなかった小学1年生・2週間で英語の本を読めるようになった理由
海外子女教育・2022年10月号でインタビュー記事が掲載されました🌈Family Journey1.2.3
フランス小学校・【授業に集中してません】と先生からの報告→積極的に授業に参加し、みんなの前でフランス語で発表できるようになるまで
本当に学べる子連れ旅・旅育とは?ギリシャ・アテネ・世界遺産パルテノン神殿編/グローバル親子コミュニケーション

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© Family Journey 1.2.3 , 2022 All Rights Reserved.