グローバル親子コミュニケーションで世界で生きる力を育てよう

Family Journey 1.2.3

公式SNS

ご相談・お問い合わせはこちらから☆

こちらのSNSもご覧ください

↓↓↓

 

期間限定無料!【グローバル親子コミュニケーション勉強会】に参加希望者はここから☆家庭でできるグローバル教育とは?世界の教育の違いは?20年後の世界の未来は?

フランス小学校1年生~5回学校に親が呼び出されたその後~

 
海外駐在・バイリンガル教育・コーチング
この記事を書いている人 - WRITER -
フランス在住・グローバル親子コミュニケーションコーチNAOKO。世界で生きる力を育てながら、育児を楽しく、親子で成長するための実践法をお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!グローバル親子コミュニケーションコーチのNAOKOです。

グローバル親子コミュニケーションで、”世界で生きる人間力”を育て、 楽しく豊かに子育てしたい家族をサポートする オンライン・子育てコーチングレッスンを行っています。

・外国歴は、アメリカ(シカゴ)4年、中国(上海)5年。日本は20年以上(受験戦争経験あり)。
・早稲田大学・中国上海復旦大学卒業。
・2022年時点で、6歳・4歳の日本語・英語・フランス語のトリリンガル育児を実践中です。

フランス小学校1年生~5回学校に親が呼び出されたその後~

さて、フランスに来て1年。

昨年9月、息子は日本の年長さんで、フランスの小1であるCP学年に進学し、7月の頭に年度末を迎えようとしています。日本ではこの4月に小1になる年なので、とても早く感じます。

さて、受講生の方には結構お話してますが、この1年で5回、学校に呼び出され、先生とミーティングをしました。

渡仏直後は、授業中に居眠り

ミーティングの内容は、フランス語への適応をどうするかがメイン。

フランス語ゼロで渡仏した息子。

フランス語と英語のバイリンガル校ではありますが、国語や算数など、いわゆる勉強の部分は全てフランス語。

幸い算数と英語は得意なので、その時間は楽しんでいますが、最初の頃は、フランス語の授業の内容が、全く理解できず、授業中に居眠りを何度もして、親が呼び出されました。そりゃあ、何言ってるか分からなくてつまらないだろうし、大人でも寝ますよね。

いきなり環境が変わったにも関わらず、嫌がらずに毎日行き、友達を作っているだけでも、本当に素晴らしいこと。

フランス語だけ話せるお友達と一緒に遊ぶ機会を増やしたり、楽しくフランス語のゲームやテレビに触れながら、自然と居眠りはなくなってきました。

フランス語で話したがらない

しかし次の課題は「フランス語で話したがらない」です。

英語はスムーズというわけではないですが、なんとなく会話ができてしまうので、息子も英語で話したがるし、学校のお友達は息子に英語で話しかけてくるのが当たり前になっていました。

普段の生活は英語ですんでしまうのであれば、あえてフランス語で話したくないですよね。

この点は私の反省点。ちゃんと親の背中を魅せることができていませんでした。

親が背中を魅せる為にフランス語を話す

というわけで私が、本腰入れて、本気でフランス語に私が取り組みました。

具体的には、私が朝起きてから夜寝るまで、どんな言葉を使ってるかな?を日本語で見直してリストにしました。

それを日本語も分かる先生と一緒に、全てフランス語に直していきました。

そして家でも独り言のようにずっとフランス語で話をしていました。

そのお陰で、だいぶフランス語の日常会話もスムーズになってきて、子供のママとも話せるようになってきました。(時々英語と中国語とフランス語で頭がミックスしますが・・)

息子が私のフランス語を直してくれるようになりました!

最初は私のフランス語を聞いてもそんなに反応しなかった息子。

でも、段々と続けているうちに、私の間違ったフランス語の発音を直してくれるようになりました。

この1年間、フランス語のシャワーを思いっきり浴びてきた息子。
インプットはかなりできており、発音もとても綺麗なのです。

(火(feu)の発音はいまだに息子から合格点をもらえてません(笑))

息子がフランス語を学校でも話すようになりました!

そのうち、家でも息子自身がフランス語を口にするようになってきました!

朝の準備をしながら、妹に対して、

C’est l’heure de l’école!(もう学校の時間だよ!)と言ってくれたり。

 

そうこうしているうちに、学校からのコメントでも、

C’est bian.(息子の名前) commence à parler en français.
(素晴らしい。フランス語を話すようになってきました)
と書いてありました。

フランス小学校・1年生・CP
その下に、まだフランス語を書きたがらないと加えられてますが、まずは一歩を登れたかなという感覚です。

7月・8月は長いバカンスに入ります。
せっかくのタイミングなので、この2か月は腰を落ち着けて、
言語を見つめる時期にしたいと思います。

グローバル親子コミュニケーション「体験会」へのお申し込みはこちら

グローバル親子コミュニケーションで、”世界で生きる人間力”を育て、 楽しく豊かに子育てしたい家族をサポートする オンライン・子育てコーチングレッスンを行っています。

・外国歴は、アメリカ(シカゴ)4年、中国(上海)5年。日本は20年以上(受験戦争経験あり)。
・早稲田大学・中国上海復旦大学卒業。
・2022年時点で、6歳・4歳の日本語・英語・フランス語のトリリンガル育児を実践中です。

家庭でもできるグローバル教育とは?AIが進むとどうなる?世界の教育の違いとは?親として準備できることは? 詳しく知りたい方は、グロバール親子コミュニケーション体験会も行っていますので、是非ご参加ください。

※大変お問い合わせが多い状況です。 1人1人心を込めてサポートいたしますので、ご興味ある方はお早めにご連絡をください。

この記事を書いている人 - WRITER -
フランス在住・グローバル親子コミュニケーションコーチNAOKO。世界で生きる力を育てながら、育児を楽しく、親子で成長するための実践法をお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Family Journey 1.2.3 , 2022 All Rights Reserved.