グローバル親子コミュニケーションで世界で生きる力を育てよう

Family Journey 1.2.3

公式SNS

ご相談・お問い合わせはこちらから☆

こちらのSNSもご覧ください

↓↓↓

 

期間限定無料!【フランスと繋がるグローバル親子コミュニケーション勉強会】に参加できます☆1日10分から!家庭でできるグローバル教育とは?世界の教育の違いは?20年後の世界の未来は?参加希望の方はこのボタンをクリックして詳細を確認!

海外駐在・息子が「友達ができないから嫌だ」と泣いた夜から、毎日通えるようになった理由は?

 
海外駐在・バイリンガル教育
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
フランス在住・グローバル親子コミュニケーションコーチNAOKO。世界で生きる力を育てながら、育児を楽しく、親子で成長するための実践法をお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちら

海外駐在・息子が「友達ができないから嫌だ」と泣いた夜から、毎日通えるようになった理由は?

こんにちは!フランス在住、グローバル親子コミュニケーションコーチのNAOKOです。

グローバル親子コミュニケーションで、”世界で生きる人間力”を育て、 楽しく豊かに子育てしたい家族をサポートする オンライン・子育てコーチングレッスンを行っています。

家庭でもできるグローバル教育とは?世界の教育の違いとは?20年後の未来はどうなる?親として準備できることは? 詳しく知りたい方は、勉強会も行っていますので、是非ご参加ください。

・外国歴は、アメリカ(シカゴ)4年、中国(上海)5年。日本は20年以上(受験戦争経験あり)。
・早稲田大学・中国上海復旦大学卒業。
・6歳・3歳の日本語・英語・フランス語のトリリンガル育児を実践中です。

このWebsiteでは、「グローバル親子コミュニケーション専門のコーチ」として、日々素敵だなと思ったことや、レッスンを受けた受講生さんの素晴らしい変化の様子など、を発信しています。

さて今回は、私の息子が、フランス現地で、「友達ができないから嫌だ」と泣いた夜から、どうして元気になって通えるようになったのかをお話したいと思います。

海外駐在・渡仏して5か月目の夜

海外駐在・渡仏して5か月目の夜のことです。
フランスはクリスマスバカンス(Vacances de Noël)が12月18日から2週間ほど始まりました。

バカンス期間中は、フランス版学童のCentre de loisirs (ソントル)に定期的に預けていて、
息子も行く予定だったのですが、前日夜に題名の通りの状況となりました。

既にフランスに来て2回のバカンスとソントルを経験してました。

ソントルは区の管轄になるので、公立の学校に通っている子は、同じクラスの子とも会えたりして楽しい様子ですが、公立の学校に通っていない息子にとっては、友達ができづらい悲しい経験もあったようで、泣きながら私に話をしてくれました。

チュイルリー公園・クリスマスマーケットで気分転換

次の日の朝も、起きた早々泣きべそ状態。

ソントル自体は、イベントも沢山あり、お城や水族館、森など色々な所に連れて行ってもらえるので良いみたいですが、新しい環境で情緒不安定な日もありますよね。

普段の学校では、新しい環境でも、日本語でない環境でも、友達作りを頑張り、楽しく通っているので何より。十分頑張ってる!

と認めた上で、ひとまず3歳の娘だけはソントルに預けて、どうせなら楽しく過ごそうと、チュイルリー公園のクリスマスマーケットへ🎄

可愛い出店に2人とも心躍り、息子は全ての店を吟味した結果、1番欲しい木の組み立てのおもちゃをゲットして大満足。私は昼からホットワインをいただきました🍷

ミニ遊園地やスケートリンクもあるので、子供連れにオススメです!

海外駐在・バイリンガル教育
海外駐在・バイリンガル教育

海外駐在・バイリンガル教育

泣きべそ状態から、復活して毎日通えるようになった理由は?

さて泣きべそ状態だった息子ですが、
クリスマスマーケットで楽しく過ごした帰りの電車で、

「悲しい気持ちになったね。あなたは普段から、英語とフランス語で頑張って友達を作って頑張ってるね。あなたのお陰で、ママもそのお友達のママと知り合うことができてるんだ。ありがとう。ママも昔引越が多くて、外国に転校したこともあって、友達ができなくて悲しい気持ちになったこともあったんだ。でも、毎日お友達と仲良くする為の工夫をちょっとずつしていったら、友達が増えてきたの。だからあなたもママと一緒に考えてみよう?」

と、グロバール親子コミュニケーションを交えて、息子と会話をしたところ、少し考えた後、彼の中で壁が外れたみたいで、彼なりのアイディアを出してきました。

次の日には、息子が得意な折り紙を持参して、友達と遊ぶようになったり、ポケモンのグッズなどの小ネタを持って行ったりし、楽しく過ごすことができるようになりました。

子供が壁にぶつかった時、やはりグロバール親子コミュニケーションは大切だなと、改めて実感します。

世界で生きる力を育てる子育てには、親自身がぶれずにしっかりと軸を持つことが何よりも大事です。

グローバル親子コミュニケーションレッスンでは、そんな軸を持ち、子供との正しいコミュニケーションスキルを学ぶことができます✏️

あなたのお子さんが壁にぶつかった時、親であるあなたにしかできないことがあります。

6歳までに「世界で生きる力」の土台を形成できる

6歳までに、思考の土台が形成されると言われています。

日々の親子のコミュニケーションを少し変えるだけで、世界の流れや教育を親が理解して、家庭で実践をするだけで、お子さんの「世界で生きる力」を育むことができたら、素敵ではありませんか?

※「家庭でできるグローバル教育とは?世界の教育の違いとは?20年後の未来は?」

というテーマで、無料の勉強会も行っています!

ご予約が多くございますので、是非ご興味ある方はお早めにご連絡くださいね。ご予約はこちらから。お会いできることを楽しみにしています!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
フランス在住・グローバル親子コミュニケーションコーチNAOKO。世界で生きる力を育てながら、育児を楽しく、親子で成長するための実践法をお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Family Journey 1.2.3 , 2022 All Rights Reserved.