グローバル・ファミリーコーチNAOKOが全ての家族に贈るメッセージ

Family Journey 1.2.3

公式SNS

ご相談・お問い合わせはこちらから☆

こちらのSNSもご覧ください

↓↓↓

 

LINE@登録でプレゼント①【無料勉強会】家庭でもできるグローバル親子コミュニケーションとは?世界の教育の違いとは?AI化が進む未来は?②【親子の会話が豊かになる日本語・英語・中国語会話集】

フランスのバイリンガルインターナショナルスクール/Ecole Jeannine Manuel(15区)学校・オンライン説明会詳細を知るには?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
東京在住(アメリカ4年・中国5年)。チャイルド・コーチングやグローバル思考を通して、育児を楽しく、親子で成長するための実践法をお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちら

2021年夏からフランスのパリに住むことになった為、子供の学校探しをしているところです。現地校・インターナショナルスクール・日本人学校の全てのメリット・デメリット、子供たちの個性・家族のビジョンを考えながら、ベストな選択ができるように、情報収集をしていました。

今回は、フランスのバイリンガルインターナショナルスクール/Ecole Jeannine Manuel(15区)オンライン説明会などの詳細についてお話しますね。

改めまして、Family Journey1.2.3代表、グローバル・ファミリーコーチのNAOKOです🌈

アメリカ(シカゴ)4年、中国(上海)5年、現在日本(東京)在住、今年フランス(パリ)5年予定です。 親子のコミュニケーションで、 6歳までに”世界で生きる人間力”を育て、 楽しく豊かに子育てしたい家族をサポートする オンライン・子育てコーチングレッスンを行っています🌎

家庭でもできるグローバル教育とは?AIが進むとどうなる?世界の教育の違いとは?親として準備できることは? 詳しく知りたい方は、勉強会も行っていますので、是非ご参加ください💎

LINE@ご登録で「勉強会ご招待」6歳までに世界で生きる「人間力」を育て親子の一生を豊かに

Ecole Jeannine Manuelとは

外務省の諸外国地域情報にも掲載されているパリの15区に所在するバイリンガルインターナショナル学校です。外務省サイトはこちら
学校のウェブサイトはこちら
パリの他、フランスのリールとロンドンにも所在しています。

出願締め切り日

フランスに住んでいる人は、12月31日までにオンラインで書類提出及び出願料の250ユーロを支払う必要があります。フランスに住んでいない場合は、締切日は設けられていませんが、結果が出るのが、3月から4月のため、早めに連絡をした方が良さそうです。

オンライン説明会に出席する為には

オンライン説明会に出る為には、メールアドレスを登録する必要があります。登録をすると、説明会数日前に、ZOOMのリンクが送られてきます。なお、リンクをクリックすると、承認する為に、再度名前とメアドの入力が必要です。

こちらのページから、オンライン説明会の日程が見ることができます(フランス時間です)

説明会に参加したい場合は、こちらのページから登録できます。

オンライン説明会当日の様子

当日は参加者は画面に表示されず、話す方と資料のみが表示されます。説明をされていた担当者二人の女性の印象は、とてもしっかりとした話し方で、最後に行われたQ&Aタイム(質問したい方はチャットに書いて送信します。その送信内容は、参加者には公開されることはありません)への受け答えも信頼感の置ける印象を抱きました。

当日のプレゼンテーション内容の一部を抜粋します。

これからの将来はどんなことをするにも「チーム」が重要ということで、どのレベルの学生もチームワークを養う教育をしているとのことでした。チームでチャリティーをしながらマラソン活動を行うという面白い物もありました。

クリティカルシンキング(日本語で言えば批判的思考)についても大事にされていて、例えば一つの歴史を考えるときに、フランス科目の先生及びクラスの学生と、英語科目の先生及びクラスの学生が一緒に授業を行い、異なる側面から1つの事象を考えていく・・といった取り組みをしているそうです。日本のように、何年に何が起きて・・と暗記する勉強法とは全く違うことが分かると思います。

すごく言語教育には力を入れており、英語とフランス語だけではなく、中国語やラテン系の語学(ドイツ語、スペイン語、イタリアン語)なども幼少期から行うとのこと。特に中国については、アジアへの架け橋として非常に重要にとらえられている印象でした。※日本については一言も出てきません。

問題を探求・解決していく学びを重要だと捉えています。また最も印象的だったのが、リーダーシップ教育として、マインドセット、目標設定、リスクマネジメントも幼少期からメンターについて学んでいくようです。失敗を恐れずしっかりとリーダーになる為の教育が幼少期からされるというのは、とても魅力的ですね。マインドフルネスやwellbeingを考える時間も、多く設けられているようで、私は大人になってから学んだので、なんとも贅沢な学びだと感じます。

またその後の出願などについては、後日記載しますね。

家庭でもできるグローバル教育とは?AIが進むとどうなる?世界の教育の違いとは?親として準備できることは? 詳しく知りたい方は、勉強会も行っていますので、是非ご参加ください💎

LINE@ご登録で「勉強会ご招待」6歳までに世界で生きる「人間力」を育て親子の一生を豊かに

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
東京在住(アメリカ4年・中国5年)。チャイルド・コーチングやグローバル思考を通して、育児を楽しく、親子で成長するための実践法をお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Family Journey 1.2.3 , 2020 All Rights Reserved.